プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム 『セルデン写本』

Bodleian Libraryに "MS. Arch. Selden B. 26" という写本がある。これはイギリス起源の5つの別々の手稿が、1660年頃に一つにまとめられたもので、最初の手稿(fols.3-33)が多声音楽の楽譜である。それらは'15世紀の2番目の四半世紀(1425-1450)'のものとある。この多声音楽の楽譜は、"The Selden Carol Book"とか、単に「セルデン写本」とか呼ばれるもので、ポリフォニー・キャロルの主要な資料の一つとされる。15世紀前半の資料としては、"Trinity Roll"と呼ばれる写本と並ぶ重要なものである。なお、セルデン写本にはキャロル以外の音楽も含まれいる。この写本の中には、様々なアンソロジーやキャロル集にとられ、しばしば演奏される有名曲が多数含まれている。

中世においてキャロルとは、英語またはラテン語で書かれた複数の同形のスタンザ(stanza, 節)を持つ歌曲のことを指し、曲は「バーデン(burden)」と呼ばれる反復句で始まり、それは各スタンザの後でも繰り返されるという構成を持つ。

burden が反復句の意味に使われるようになるのは16世紀以降である。、14世紀頃から英語において「最低声部」を意味する burdon, bordoun, burdon, burdowne という語があり、そこから単旋律聖歌の和声化の技法の名称であるファバードン faburden という語が生まれ、さらにそこから burden=反復句という用法が派生した、という筋書がある。内容は中世においては、聖母マリアに関するもの、聖人に関するもの、クリスマスに関するもの、政治的なものなど様々であった。 (これが16世紀中葉以降には、クリスマスに関する民衆的な歌曲に収斂していく。)

起源は宮廷のあるいは民衆的な舞踏歌で、12世紀から14世紀に普及したフランスのカロルと関係するといわれている。14世紀前半の文献にはキャロルに合わせて踊ったという記述が多数あるが、14世紀後半になると、単に行列の行進に合わせて歌われるだけの祝祭歌に変わっていっく。ちなみにフランスのカロルは一曲も現在に残っていない。また、民衆のあいだで、あるいは宮廷で歌われただけでなく、教会における典礼で行列歌として使われていた可能性もあると言われている。根拠として、まず詞自体が行列聖歌と類似していること、また15世紀の多声のキャロルについては、1音対1音の様式、詞のシラビックな処理、スコアへの記譜、定旋律の欠如などがコンドゥクトゥス(典礼で用いられた行列歌)と似かよっていることが挙げられている。   (まうかめ堂さんより) 

作品ID: W035
作品W035のロゴ

『セルデン写本』
    The Selden Carol Book (Music of 1425-1450 England)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 5分14秒 ◇公開日: 2011年06月13日
◇ジャンル: 作曲家(不明)、02-中世、12-リコーダー(合奏)、17-打楽器、21-キリスト教音楽、32-合唱曲
◇関連ブログ: 15世紀 『セルデン写本』 から (2012年11月28日 作成) コメント

M001 トップ

キャロル
   Carol of The Selden Carol Book

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 5分14秒 ◇公開日: 2011年06月13日 (J)
◇関連ブログ: 15世紀 『セルデン写本』 から (2012年11月28日 作成) コメント

眠りから (ノウェル)
   "Owt of your slepe aryse" (Nowel)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分17秒 ◇再生回数: 258回 (J)

神に感謝せよ、アングリア(イングランド)
   "Deo gracias Anglia"

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分8秒 ◇再生回数: 245回 (J)

アレルヤ、新たなるみわざ
   "Alleluya, A nywe werke"

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分49秒 ◇再生回数: 240回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash,Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPad/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。