プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム フアン・デル・エンシーナ

フアン・デル・エンシーナ(Juan del EncinaまたはEnzina, 1469年 - 1533年)はスペイン・ルネサンスの作曲家・詩人・劇作家。カトリック両王時代を象徴する文芸人とか、しばしばスペイン演劇の創立者とかと呼ばれる。サラマンカ近郊の、おそらくエンシーナ・デ・サンシルベストレの出身。サラマンカ大学を卒業してすぐアルバ公に執事として仕える。

1492年に、グラナダ陥落を記念して執筆した戯曲『名誉の勝利 Triunfo de la fama 』によってアルバ公を楽しませる。1496年に、叙事的な戯曲や抒情詩を集めた『カンショネーロ Cancionero 』を上梓すると、この戯曲はそれから20年間にたびたび版を重ねた。数年後にローマを訪れ、音楽的力量によってローマ教皇アレクサンデル6世を魅了し、ローマ教皇庁の聖歌隊長に任命される。1518年頃に上級聖職者に叙階されると聖地エルサレムに巡礼して、初めてミサ曲の作曲を着想。1509年にはマラガ司教座で参事会員に就任し、1519年になるとレオン地方の小修道院長に任命される。1533年に地元サラマンカで亡くなったと伝えられている。

エンシーナの『カンショネーロ』は、韻律論の序文があり、スペインにおける詩作の状況が論じられている。14の戯曲は、中世ヨーロッパの神聖劇からルネサンスの世俗劇への変遷が特徴的である。いくつかの牧歌劇は、『ラ・セレスティーナ』に影響されて、羊飼いの冒険を舞台化している。エンシーナの戯曲に対する本質的な関心は微々たるものだが、歴史的観点からするとこれらの作品は重要である。世俗的な作品は新たな出発点を創り出し、宗教的な牧歌劇は、17世紀のスペイン演劇に至る道のりをつけたからである。しかもエンシーナの抒情詩は、表裏のなさと優雅さが際立っている。

作品ID: W157
作品W157のロゴ

フアン・デル・エンシーナ
    Juan del Enzina, Juan del Encina, (1468-1529/1530)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分37秒 ◇公開日: 2009年01月31日
◇ジャンル: 作曲家E、03-ルネサンス、12-リコーダー(合奏)、21-キリスト教音楽、29-曲集、32-合唱曲、38-器楽曲

M007 トップ

北御門文雄 編  『リコーダー四重奏曲集』 〜 初級編 〜
  Recorder Quartets for Begners / edited by Kitamika Fumio

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分37秒 ◇公開日: 2009年04月19日
◇関連ブログ: カッコウ (エンシーナ) (2009年01月31日 作成) コメント

カッコウ / フアン・デル・エンシーナ
   Cucu, Cucu / Juan del Encina (1468-1529)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分37秒 ◇再生回数: 595回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash,Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPad/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。