プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー ソナタ 第5番

ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー(Johann Heinrich Schmelzer, 1623年 - 1680年)は、バロック期のオーストリアの作曲家、ヴァイオリニスト。ウィーンで活躍し、プラハで死んだ。シュメルツァーはオーストリア人でありながら、当時イタリア人たちに支配されていた分野(ヴァイオリンの演奏と作曲)で、高い評判を得た。実際、1660年、ある旅行者は彼について「全ヨーロッパで最も傑出したヴァイオリニストではなかろうか」と言及したほどである。1664年の彼の作品「Sonatae unarum fidium」は、ドイツ語圏の作曲家が初めて出版した、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集である。そこには、中期バロックのヴァイオリン・ソナタ特有の、華麗なヴィルトゥオーソ性、個々の構成、広い固執低音の変奏が含まれていた。また彼が活躍したウィーンのハプスブルク宮廷では、宮廷楽長はイタリア人になることが多く、実際彼の前任の楽長もジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェスというイタリア人だったが、その死後、オーストリア人としては珍しいことに宮廷楽長に昇進した(1679年)。しかしそれからわずか数か月後、ペストにより亡くなった。

シュメルツァーは当時のオーストリアの器楽曲作曲家の先頭を進む第一人者で、やはりオーストリアのヴァイオリニスト兼作曲家のハインリヒ・ビーバーに多大な影響を与えた。ビーバーはシュメルツァーの弟子の一人ではなかったかと言われている。

息子のアンドレアス・アントン・シュメルツァーも父の後を継いで、作曲家、ヴァイオリニストになった。

作品ID: W170
作品W170のロゴ

ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー
    Johann Heinrich Schmelzer (c1620-1623 - 1680)

◇公開日: 2008年05月05日
◇ジャンル: 作曲家S、04-バロック、12-リコーダー(合奏)、21-キリスト教音楽、32-合唱曲、38-器楽曲

M002 トップ

ソナタ 第5番
   Sonata V (à6)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分59秒 ◇公開日: 2013年09月22日 (J)
◇関連ブログ: シュメルツァー / ソナタ V (2013年09月22日 作成) コメント

ソナタ 第5番
   Sonata V (à6)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分59秒 ◇再生回数: 233回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。