プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル [ジョージ・フリデリック・ハンデル]

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家の一人。彼は生涯の約3分の2をイギリスで過ごしており、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデル(ハンドル、ヘンドル、George Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もある(少なくともイギリスではそのように扱われている)が、日本ではもっぱらドイツ名で知られ、ドイツの作曲家として扱われるのが通例である。

バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮した。特に、オラトリオ《メサイア(救世主)》は曲中に有名な「ハレルヤ・コーラス」を含み、今日でも非常に有名である。また、オラトリオ《ユーダス=マカベウス(マカベウスのユダ)》中の合唱曲「見よ、勇者は帰る」は、大会の優勝者を称える曲・表彰状授与のBGM(得賞歌)として日本でも頻繁に用いられている。オペラ《クセルクセス(セルセ)》中の「オンブラ・マイ・フ(懐かしい木陰よ)」は、「ヘンデルのラルゴ」とも呼ばれて親しまれている。そのほか、オペラ《ジュリアス・シーザー》、オラトリオ《エジプトのイスラエル人》や、《リナルド》の中のアリア「私を泣かせてください」なども知られている。 (出典:Wikipedia

作品ID: W194
作品W194のロゴ

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル [ジョージ・フリデリック・ハンデル]
    Georg Friedrich Händel [George Frideric Handel] (1685-1759)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 15分48秒 ◇公開日: 2011年12月23日
◇ジャンル: 作曲家H、04-バロック、11-リコーダー(ソロ)、12-リコーダー(合奏)、21-キリスト教音楽、23-オペラ,ミュージカル、33-合唱+オケ曲、34-リコーダー曲、38-器楽曲、39-管弦楽曲
◇関連ブログ: 王宮の花火の音楽 (2011年12月23日 作成) コメント

M351 トップ

王宮の花火の音楽 HWV351
  George Frideric Handel / Music for the Royal Fireworks HWV351

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 15分48秒 ◇公開日: 2011年12月23日 (J)
◇関連ブログ: 王宮の花火の音楽 (2011年12月23日 作成) コメント

1. 序曲   Ouverture

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 7分34秒 ◇再生回数: 410回 (J)

2. ブーレー   Bouree

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分15秒 ◇再生回数: 335回 (J)

3. 平和   La paix

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分17秒 ◇再生回数: 334回 (J)

4. 歓喜   Rejouissance

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分19秒 ◇再生回数: 339回 (J)

5. メヌエット I II   Menuet I II

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分23秒 ◇再生回数: 314回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash,Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPad/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。