プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム ヨハン・セバスチャン・バッハ BWV1-200 (教会カンタータ) カンタータ第101番《われらより取り去りたまえ、主よ》

教会カンタータ(きょうかいカンタータ、英: church cantata、独: Kirchenkantate)は、主にプロテスタント教会の礼拝用に書かれたカンタータ。オーケストラの伴奏によるコラールとアリアが交互に進行する。1700年以降はレチタティーヴォも付け加えられた。

コラールは祈祷所に集まった民衆も一緒に歌うもので、歌詞は聖書から取っているものもある。主な作曲家はバッハなど。バッハはライプツィヒ時代に毎週のように教会カンタータを約5年分作曲していたが、現在残っているのは約4年分のおよそ200曲である。

教会カンタータは、特にルター派の教会で発達した。マルティン・ルターは音楽を神からの賜物と捉え、自らも積極的にコラールの制作に関わっている。この宗教的な支柱を基盤に、さまざまな音楽を取り込んで発達してきた。バロック時代に入ると、ハインリヒ・シュッツを代表とする独唱と合唱を組み合わせた「宗教コンチェルト」が盛んになる。これをさらに発展させ、イタリアで普及したレチタティーヴォ、またはダカーポ形式やリトルネロなどをさらに組み入れ、バッハを代表とするバロック後期の教会カンタータへと成長する。一方、ドイツでは少数派の改革派教会では、ジャン・カルヴァンが音楽の重要性を認めながらも、そのある面を警戒しておりジュネーブ詩篇歌を用いたので[1][2][3]、大規模で多様な宗教音楽の発展を見なかった。そのため、カルヴァン派の勢力が強くルター派に対する風当たりが強かったケーテンに赴任したバッハは、在任中に教会カンタータを作曲していない。

更なる詳細は、Wikipedia等を参照されたい。

Papalinによるバッハ作品演奏目録はこちらです。

作品ID: W238
作品W238のロゴ

ヨハン・セバスチャン・バッハ BWV1-200 (教会カンタータ)
    Johann Sebastian Bach (1685-1750) : BWV1-200 Sacred Cantatas

◇公開日: 2011年07月21日
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ集 (2011年07月21日 作成) コメント
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ第20番(全曲) (2011年12月15日 作成) コメント
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ第51番(全曲) (2011年12月15日 作成) コメント
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ第53番(全曲) (2011年12月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ第52番(全曲) (2011年12月17日 作成) コメント
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ第151番(全曲) (2011年12月21日 作成) コメント
◇関連ブログ: バッハ / カンタータ第29番(全曲) (2013年01月19日 作成) コメント

M101 トップ

カンタータ第101番《われらより取り去りたまえ、主よ》
   Cantata101 Nimm von uns, Herr, du treuer Gott (BWV101)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分32秒 ◇公開日: 2012年 2月 27日 (J)

第7曲 コラール:われらより取り去りたまえ、主よ
   Chorale 292. Nimm von uns, Herr, du truer Gott (BWV101/7)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分32秒 ◇再生回数: 148回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。