プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム 『世界音楽史 四つの時代』・『楽譜の歴史』 譜例の演奏 第3部 奏法譜(タブラチュア) 【スペイン鍵盤奏法譜】

ヴァルター・ヴィオラ(Walter Wiora 1906-1997 ドイツ)の著書『世界音楽史 四つの時代』(原書:Die vier Weltalter der Musik, 1961)に掲載されている譜例を演奏しています。この本に楽譜が掲載された音楽に関しては、かなりの補足が必要ですので、関連ブログを参照下さい。

ちなみに、"四つの時代"とは、次のように区分されています。
  第一の時代 : 先史時代と初期の時代
  第二の時代 : 古代の高度文明および東洋における音楽
  第三の時代 : 西洋音楽の特別な位置
  第四の時代 : 技術的世界的産業文化の時代

譜例の掲載順序(それは私の演奏順序と等しいのですが)に関しては、上記の時代区分と必ずしも一致せず、後の音楽であっても関連性が認められるもの(それは偶然であったとしても)として登場することがあります。著者は、上記四つの時代区分の関係や相違、対照を、できるだけ明確にしようとする意図をもって譜例を掲載しています。その点についてはご注意下さい。


皆川達夫さん(1927-)の著書『楽譜の歴史』に掲載されている楽譜の曲を演奏しています。近代記譜法に至る前の時代の楽譜に重きを置いた著書であり、それらは皆川さんご自身による解読譜を掲載しています。それらはほんの1フレーズであることが多く、いささか残念ですが、掲載された原楽譜を私がそのまま解読できるものに関しては、解読譜を用いずに演奏しています。この本に楽譜が掲載された音楽に関しても、補足が必要ですので、関連ブログを参照下さい。

なお、便宜上以下のように区分して掲載していることを添えておきます。
  第1部 古代と中世の楽譜
  第2部 定量譜
  第3部 奏法譜(タブラチュア)
  第4部 近代記譜法


エドワード・ジョーンズ (1752-1824) / 音楽的な歌
Edward Jones (1752-1824) / Lyric Airs: consisting of Specimens of Greek, Albanian, Walachian, Turkish, Arabian, Persian, Chinese, and Moorish National Songs and Melodies; (being the first selection of the kind ever yet offered to the public:) to which are added Basses for the Harp, or Piano-Forte. Likewise are subjoined a few explanatory notes on the figures and movements of the Modern Greek Dance; with a short dissertation on the Origin of the Ancient Greek Music.

作品ID: W708
作品W708のロゴ

『世界音楽史 四つの時代』・『楽譜の歴史』 譜例の演奏
    Die Vier Weltalter Der Musik (Walter Wiora) & Music Gallery (Minagawa Tatsuo)

◇公開日: 2012年12月18日
◇ジャンル: 作曲家(不明)、01-古代、02-中世、03-ルネサンス、04-バロック、06-古典派、07-ロマン派、08-近代、09-現代、11-リコーダー(ソロ)、12-リコーダー(合奏)、13-歌(ソロ)、14-歌(合唱)、17-打楽器、21-キリスト教音楽、28-企画もの、29-曲集、30-Papalin作曲編曲、31-独唱(斉唱)曲、32-合唱曲、33-合唱+オケ曲、34-リコーダー曲、35-オルガン曲、36-チェンバロ曲、37-ピアノ曲、38-器楽曲、39-管弦楽曲、40-原曲その他
◇関連ブログ: 『世界音楽史 四つの世界』(ヴィオラ著) (2012年12月18日 作成) コメント
◇関連ブログ: 『楽譜の歴史』 (皆川達夫 著) (2013年10月05日 作成) コメント
◇関連ブログ: 近代記譜法 バッハ自筆楽譜 (2013年10月21日 作成) コメント

M127 トップ

第3部 奏法譜(タブラチュア) 【スペイン鍵盤奏法譜】
   3.Tablature - 7.Tablature for Keyboard works in Spain

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分4秒 ◇公開日: 2013年10月13日
◇関連ブログ: 奏法譜(タブラチュア) スペイン鍵盤奏法譜 (2013年10月14日 作成) コメント

55.徳ある乙女 (ジョスカン・デ・プレ作曲 アントニオ・デ・カベソン編曲) (16世紀 スペイン)
   Motet "Virgo salutiferi" (Josquin des Prez, Antonio de Cabezon) (16c. Spain)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分15秒 ◇再生回数: 594回

56.賛歌「舌よ、ほめよ」 (アントニオ・デ・カベソン作曲 エネストロサ編曲) (16世紀 スペイン)
   "Pange lingua" (Antonio de Cabezon, Luis Venegas de Henestrosa) (16c. Spain)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分15秒 ◇再生回数: 592回

56a.賛歌「舌よ、ほめよ」 (アントニオ・デ・カベソン作曲) (16世紀 スペイン)
   "Pange lingua, de Urreda" (Antonio de Cabezon) (16c. Spain)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分34秒 ◇再生回数: 590回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。