プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム 『五線譜でたどる音楽の歴史』(オットー・ハンブルク) 譜例の演奏 H: アルス・ノーヴァ

オットー・ハンブルク著による『五線譜でたどる音楽の歴史』に掲載された楽曲を演奏しています。

本書は音楽史用の譜例集です。音楽史の本では、譜例は誌面の都合上たいてい最小限にとどめなければなりませんし、それに実際ほとんどの場合、作品の抜粋しか載せないで、様式の変化その他を明らかにしようとしています。楽譜がひとつの載っていない本さえあります。しかし音楽史というものは、言葉だけでは言い尽せない鳴り響くものと発展を論究の対象とするわけですから、音楽史を学ぶ人々のために楽譜を載せることは、ちょうど、たとえば美術史を学ぶ人々のために絵画の複製をさしはさんで載せるのと同様に、大切なことです。美術史の場合のように音楽史でも、譜例は出来る限り全曲を載せることが肝要です。

とは言ってもオペラやオラトリオ、カンタータのような大規模な音楽作品の場合には、全曲を載せることは不可能ですから、代表的なそれだけで完結している抜粋曲で済ませなければなりません。ギリシャや極東の古い音楽からモーツァルトに至る、すでに標準的になっている譜例を含むこの種の譜例集は、今までにいくつか出版されています。その中で最も重要なものは、本書巻末の略語一覧中に挙げています。

若干の譜例は、ハーヴァド大学出版局の許可を得てダヴィソン/アーペル共著の『歴史的音楽選集』(Historical Anthology of Music)から引用しました。さらに研究を進めるためには、もちろん解説中に挙げた諸々の楽譜集が必要です。けれども、そのような楽譜集は、ほとんどが学生や音楽愛好家の指導書としては高価すぎて、手頃なものではありません。この点では、今回の譜例集は一般向きのものです。

取り扱う範囲は、地域的にはヨーロッパ、時代的にはギリシャ人たちによる記譜法の起源からJ.S.バッハまでに限定しました。バッハその人の作品は、今回の譜例集では単に他の作曲家たちの作品と比較するため2曲取り入れただけで、主体的には取扱っていません。

譜例集の後に個々の曲に関する短い解説を付し、今後の研究のための参考資料をあげておきました。BHdb第13巻は、実際の演奏上の問題を取り扱ったものです。音楽学の全領域に渡る文献は、1967年から刊行が開始されたRILM abstract誌に挙げられています。ほぼ100の数の譜例からなる本書が、学生にとっても音楽愛好家にとっても便利な座右の書になることを願っています。

オットー・ハンブルク Otto Hamburg, 1973

作品ID: W711
作品W711のロゴ

『五線譜でたどる音楽の歴史』(オットー・ハンブルク) 譜例の演奏
    Music History in Examples. From Antiquity to J.S. Bach (Otto Hamburg)

◇公開日: 2014年03月15日
◇ジャンル: 作曲家(多数)、01-古代、02-中世、03-ルネサンス、04-バロック、11-リコーダー(ソロ)、12-リコーダー(合奏)、21-キリスト教音楽、29-曲集、31-独唱(斉唱)曲、32-合唱曲、35-オルガン曲、36-チェンバロ曲、38-器楽曲
◇関連ブログ: A: ギリシャ音楽 (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: B: グレゴリウス聖歌 (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: C: トロバドールとトルヴェール (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: D: ミネゼンガーとマイスタージンガー (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: E: ラウダ(イタリアの賛美歌) (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: F: ポリフォニーの起源 (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: G: アルス・アンティークァ (2014年03月16日 作成) コメント
◇関連ブログ: H: アルス・ノーヴァ (2014年03月17日 作成) コメント
◇関連ブログ: I: 15世紀のイギリス楽派 (2014年03月17日 作成) コメント
◇関連ブログ: J: ネーデルランド楽派とパレストリーナ (2014年03月17日 作成) コメント
◇関連ブログ: K: 14,15世紀の器楽 (2014年03月19日 作成) コメント
◇関連ブログ: L: 16世紀のヴェネツィア楽派 (2014年03月19日 作成) コメント
◇関連ブログ: M: 16,17世紀の世俗歌曲 (2014年03月21日 作成) コメント
◇関連ブログ: N: 16,17世紀のプロテスタント教会音楽 (2014年03月22日 作成) コメント

M008 トップ

H: アルス・ノーヴァ
   Ars Nova (14c.)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 13分18秒 ◇公開日: 2014年03月17日
◇関連ブログ: H: アルス・ノーヴァ (2014年03月17日 作成) コメント

22. 等リズム・モテット「愛から受ける不幸を/愛は愛するものすべてを/そしてあなた方の心は」 / ギョーム・ド・マショー
   Isorhythmic Motet "S'il estoit nulz / S'amours tous / Et gaudebit" / Guillaume de Machaut (c1300-1377)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分4秒 ◇再生回数: 190回 (J)

23. バラード「私はいとしい女(ひと)を」 / ギョーム・ド・マショー
   Ballade "Je puis trop bien" / Guillaume de Machaut (c1300-1377)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分3秒 ◇再生回数: 192回 (J)

24. ヴィルレ「たとえ貴女(あなた)が遠くにいても」 / ギョーム・ド・マショー
   Virelai "Comment qu'a moy" / Guillaume de Machaut (c1300-1377)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分14秒 ◇再生回数: 190回 (J)

25. マドリガーレ「ディアーナの恋人が」 / ヤーコポ・ダ・ボローニャ
   Madrigale "Non al su' amante" / Jacopo da Bologna (?-c1350)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分24秒 ◇再生回数: 185回 (J)

26. バッラータ「私は巡礼」 / ジョヴァンニ・ダ・フィレンツェ
   Ballata "Io son un pellegrin" / Giovanni da Florentia (?-c1350)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分14秒 ◇再生回数: 180回 (J)

27. カッチャ「ああ、すばらしい日の夜が明けるやいなや」 / ゲラルデッロ・ダ・フィレンツェ
   Caccia "O tosto che l'alba" / Gherardello da Firenze (?-c1360)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分19秒 ◇再生回数: 172回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。