プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム ジョン・ダンスタブル Category: G

ジョン・ダンスタブル(John Dunstable またはDunstaple, c1390-1453)は、中世からルネサンス期に活躍したイングランドの作曲家である。その生涯については殆どわかっていない。中世西洋音楽からルネサンス音楽の移行期に重要な役割をした。

イングランドのベッドフォードシャー州ダンスタブル(Dunstable)で生まれたといわれている。音楽家の他に、外交官、天文学者であったといわれる。ノルマンディー知事であるベッドフォード公爵ジョンに仕えた。百年戦争の休戦時にフランスに滞在し、イングランド独自の3度・6度を用いた和声法フォーブルドンをヨーロッパ大陸に伝えるとともに、逆に大陸の音楽をイングランドに伝えた。ダンスタブルによって大陸に伝わった新しい和声法は、大陸の音楽に取り入れられることでポリフォニーに発展し、ルネサンス音楽開始のきっかけとなった。

死去した1453年は、コンスタンティノープルが陥落し、中世の終わりであるといわれ、その年のクリスマスイブに他界したことは象徴的である。ルネサンス音楽は、ダンスタブルの影響をうけたデュファイによりブルゴーニュ楽派へと発展していく。

ダンスタブルはミサ曲やモテットを多く書いたが、その大部分は大陸側で発見されている。モテットとしては"Veni sancte spiritus"が有名である。当時のイギリスの作曲家としては他にリオネル・パワー(Leonel Power)などがおり、誰が作曲したのかはっきりしていない作品も多く、ダンスタブルの作品の正確な数をあげることはできない。

作品ID: W036
作品W036のロゴ

ジョン・ダンスタブル
    John Dunstable (Dunstaple, c1390-1453)

◇公開日: 2012年12月04日
◇ジャンル: 作曲家D、02-中世、03-ルネサンス、12-リコーダー(合奏)、14-歌(合唱)、21-キリスト教音楽、32-合唱曲、38-器楽曲
◇関連ブログ: ジョン・ダンスタブルの作品 (1/3) (2012年12月06日 作成) コメント
◇関連ブログ: ジョン・ダンスタブルの作品 (2/3) (2012年12月07日 作成) コメント
◇関連ブログ: ジョン・ダンスタブルの作品 (3/3) (2012年12月12日 作成) コメント

M007 トップ

Category: G

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 35分45秒 ◇公開日: 2012年12月06日

Gaude felix / Gaude mater / Anna perens (幸運を喜べ)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 7分24秒 ◇再生回数: 230回 (J)

Gaude virgo - Virgo mater(処女を喜べ)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 5分33秒 ◇再生回数: 216回 (J)

Gaude virgo Katerina(喜べ、処女カテリーナ)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分48秒 ◇再生回数: 208回 (J)

Gloria in F major(グローリア)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分0秒 ◇再生回数: 221回 (J)

Gloria in F major (グローリア) ★ アカペラ ★

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分6秒 ◇再生回数: 235回 (J)

Gloria in G major (グローリア)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 9分0秒 ◇再生回数: 218回 (J)

Gloria sanctorum (グローリア・サンクトルム)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分54秒 ◇再生回数: 214回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。