プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム ヨハネス・ティンクトーリス 『メロン・シャンソン集』より

ヨハネス・ティンクトーリス(Johannes Tinctoris, 1435年ごろ - 1511年)は、フランドル出身のルネサンス音楽の作曲家だが、むしろ音楽理論家として名を遺した。オルレアンに学び、同地の聖歌隊長を務め。シャルトルで少年聖歌隊の指揮者を務めたこともあった。1460年に4ヵ月間カンブレー大聖堂に雇われたために、最晩年のギヨーム・デュファイに師事したと推測されている。少なくとも、長老世代のブルゴーニュ楽派を知っていたに違いない。1472年にナポリに行き、余生のほとんどをイタリアに過ごした。

ティンクトーリスは、数多くの音楽論を出版している。とりたてて独創的というわけではなく、ボエティウスやセビーリャのイシドルスらからの借用も含まれているものの、同時代の作曲家に使われた、技法上の実践例や手順について、非常に詳しい記録となっている。ティンクトーリスは最初の音楽事典(『 Diffinitorium musices』)の執筆者でもあった。ほかに教会旋法論やプロポラツィオ論、デュファイからジョスカンまでの声部書法や和声法の変遷を追った対位法論などの著作がある。当時ティンクトーリスは、作曲家としてまた音楽理論家として、非常に影響力のある存在だった。

ティンクトーリスはミサ曲やモテット、シャンソンを作曲した。作品はほとんど残っていないものの、複雑だがよどみなく流れるような対位法への愛着や、きわめて低いテッシトゥーラ(声域)への偏愛(バス声部に2オクターヴにわたる下降線が含まれており、オケゲムの作例に似ている)が認められる。

ティンクトーリスは聖職者や詩人・数学者・法学者としても有名である。画家としても秀でていたとする記録も残されている。

作品ID: W080
作品W080のロゴ

ヨハネス・ティンクトーリス
    Johannes Tinctoris (c1435-1511)

◇公開日: 2010年05月27日
◇ジャンル: 作曲家T、03-ルネサンス、12-リコーダー(合奏)、21-キリスト教音楽、32-合唱曲

M009 トップ

『メロン・シャンソン集』より
   from "Mellon Chansonnier"(c.1470)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 3分53秒 ◇公開日: 2013年 7月 12日
◇関連ブログ: メロン・シャンソン集 (16-20) (2010年05月22日 作成) コメント
◇関連ブログ: メロン・シャンソン集 (51-56) (2010年05月30日 作成) コメント

19. O Virgo, miserere mei (a3) / Johannes Tinctoris

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分13秒 ◇再生回数: 281回 (J)

56. Virgo Dei throno digna (a3) / Johannes Tinctoris

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分40秒 ◇再生回数: 237回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。