プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム アレッサンドロ・スカルラッティ ソナタ ヘ長調

アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660年5月2日 - 1725年10月24日)はバロック期のイタリアの作曲家。特にオペラとカンタータで著名である。オペラにおけるナポリ楽派の始祖と考えられている。また、同じくバロック期の作曲家であるドメニコ・スカルラッティとピエトロ・フィリッポ・スカルラッティの父でもある。

スカルラッティの音楽は、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマを中心として発展した17世紀の初期バロックにおけるイタリアの声楽様式とモーツァルトで全盛を極める18世紀における古典楽派との間の重要な橋渡しとして位置付けることが出来る。スカルラッティの初期のオペラ(Gli Equivoci nel sembiante(1679年)、L'Honestà negli amori(1680年)、Pompeo(1683年)他、1685年以前に書かれた作品)は、レチタティーヴォにおいて古い形式の終止を維持しており、また巧みに構成された様式が多くの魅力的な短いアリアの中で用いられていた。これらは時として注意深く作り上げられた弦楽四重奏によって、また時にはチェンバロのみによって伴奏されていた。1686年までに、スカルラッティが「イタリア風序曲」の形式を確立していたことは断定的である。スカルラッティはグラウンド・バスと二部形式によるアリアを捨て去り、三部形式あるいはダ・カーポを用いた三部形式を支持した。この時期のスカルラッティによる最も優れたオペラとして、 La Rosaura(1690年)、劇中のアリア「すみれ(Le Violette)」で有名なピロとデメトリオ(Pirro e Demetrio、1694年)がある。

1697年以後からは、おそらくジョヴァンニ・ボノンチーニの様式およびナポリ総督宮廷の趣味に影響され、スカルラッティのオペラにおけるアリアは、リズムにおいてより均質かつありふれたものとなる。彼の譜面を見ると、急作りで十分な推敲がなされていないものの、その音楽は壮麗さを失ったという訳ではなかった(Eracles(1700年))。オーボエやトランペットが頻繁に用いられるようになり、ヴァイオリンはしばしばユニゾンで奏でられていた。

1707年、ヴェネツィアのために作曲されたMitridate Eupatoreは、スカルラッティの傑作とされている。この作品に含まれた曲は、技巧と知性の両面において、ナポリ時代に書かれた作品に比して格段の進歩を示している。ナポリにおいて後期に書かれたオペラ(L'Amor volubile e tiranno(1700年)、La Principessa fedele(1712年)、Tigrane(1715年)他)は、情緒的であるというよりもむしろ華やかで印象的である。管弦楽法は以前の作品と比較して大きな進歩を見せていた。声楽の伴奏は弦楽四重奏によってなされ、チェンバロの使用はリトルネロに限定されるようになっていたのである。オペラTeodora(1697年)において、スカルラッティはリトルネロを初めて使用した。

ローマのために作曲されたスカルラッティによる最後のオペラの作品群は、特にレチタティーヴォにおいて詩趣に富む感情と奔放かつ荘厳なメロディー様式、劇的な感覚を示している。また、管弦楽法はホルンが初めて用いられるなどより近代的な様式となり、印象的な効果を醸成していた。

オペラに加え、オラトリオ(Agar et Ismaele esiliati(1684年)、Christmas Oratorio(1705年頃)、S.Filippo Neri(1714年)他)やセレナードも全てオペラ同様の様式を示している。スカルラッティは500以上の独唱のための室内カンタータを作曲した。これらは当時における室内楽のうちで最も知性に溢れる類のものである。

少数のみが現存しているスカルラッティの手によるミサと教会音楽は比較的重要ではない。しかし、「聖セシリアのミサ曲 St Cecilia Mass(1721年)」だけは例外であり、バッハやベートーヴェンによって高みに達する合唱とオーケストラによる編成のミサ曲の最初期の作品の一つとして極めて重要である。スカルラッティによる器楽音楽は、奇妙なことに声楽音楽に比して古風な様式で書かれている。 (出典:Wikipedia

作品ID: W193
作品W193のロゴ

アレッサンドロ・スカルラッティ
    Alessandro Scarlatti (1660-1725)

◇公開日: 2014年05月06日
◇ジャンル: 作曲家S、04-バロック、12-リコーダー(合奏)、32-合唱曲、34-リコーダー曲、38-器楽曲
◇関連ブログ: ソナタ ヘ長調 (2014年05月06日 作成) コメント
◇関連ブログ: ソナタ ト短調 (2014年05月07日 作成) コメント

M001 トップ

ソナタ ヘ長調
  Sonata in F majoe for Three Alto Recorders and Violoncello

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 5分42秒 ◇公開日: 2014年05月06日 (J)
◇関連ブログ: ソナタ ヘ長調 (2014年05月06日 作成) コメント

1. Adagio

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分52秒 ◇再生回数: 261回 (J)

2. Allegro

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分56秒 ◇再生回数: 246回 (J)

3. Minuet

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 0分54秒 ◇再生回数: 226回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。