プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム アルカンジェロ・コレッリ コレルリ / トリオソナタ 第1番  <バロックピッチ版 A=415Hz>

アルカンジェロ・コレッリ(Arcangelo Corelli, 1653年2月17日 - 1713年1月8日) はイタリアの作曲家、ヴァイオリニスト。姓はコレルリ、コレルリ、コレリのようにも書かれる。

ヴィヴァルディより25年、大バッハやヘンデルより32年年長にあたる。合奏協奏曲、トリオソナタ、ヴァイオリンソナタで知られる。

コレッリの作品は、旋律の美しい流れと伴奏パートの丁寧な扱いが特徴的であり、それゆえコレッリが対位法の厳格な規則から自由であったといわれるのももっともなことである。また、死後出版の作品集の中にあるトランペット・ソナタが彼の唯一の管楽器のための作品で、そのほかの曲はすべて弦楽器と通奏低音のためのものである。

48曲のトリオ・ソナタと、ヴァイオリンと通奏低音のための12曲のソナタならびに12の合奏協奏曲が名高く、出版された作品のうち、作品1から作品6までがすべて器楽曲である。中でも最も有名なのは、《ヴァイオリンとヴィオローネ、チェンバロのためのトリオソナタ》作品5(ローマ、1700年)である。西洋では、コレッリの合奏協奏曲がしばしば人気であり、たとえば《クリスマス協奏曲》作品6-8の一部が映画「マスター・アンド・コマンダー」のサウンドトラックとして利用されている。また、小説『コレリ大尉のマンドリン』にもしばしばコレッリのことが話題にされている。

作品ID: W221
作品W221のロゴ

アルカンジェロ・コレッリ
    Arcangelo Corelli (1653-1713)

◇公開日: 2008年09月20日
◇ジャンル: 作曲家C、04-バロック、12-リコーダー(合奏)、38-器楽曲
◇関連ブログ: コレルリ / トリオソナタ 全集 (2008年09月20日 作成) コメント

M007 トップ

コレルリ / トリオソナタ 第1番  <バロックピッチ版 A=415Hz>
   Arcangelo Corelli / Trio Sonata No.1 for ATB Recorders (Baroque Pitch)

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 12分4秒 ◇公開日: 2008年10月18日 (J)
◇関連ブログ: コレルリ / トリオソナタ 第1番 <take2> (2008年10月18日 作成) コメント

第1楽章   Prelude

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分1秒 ◇再生回数: 374回 (J)

第2楽章   Allemanda

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分34秒 ◇再生回数: 356回 (J)

第3楽章   Adagio

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分4秒 ◇再生回数: 357回 (J)

第4楽章   Corrente

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分22秒 ◇再生回数: 348回 (J)

第5楽章   Allegro

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分37秒 ◇再生回数: 339回 (J)

第6楽章   Menuetto

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分26秒 ◇再生回数: 324回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。