プレイヤー選択:
IL DIVO "Papalin" --- パパリンの音楽の全て [日本語] [English]

ホーム ブルックナー全集  4つのモテット「このように大いなる奇跡を前にして」 (1846)

ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner, 1824年9月4日-1896年10月11日)は、オーストリアの作曲家。オルガン奏者を父としてオーストリアのアンスフェルデン(ドイツ語版、英語版)で生まれる。ブルックナーは当時最も腕の立つオルガン奏者だった。ジーモン・ゼヒターに和声法と対位法を、オットー・キッツラー(ドイツ語版)に管弦楽法を学んだ。1863年ごろからリヒャルト・ワーグナーに傾倒、研究するようになる。さらに1866年、ウィーンで聴いたベートーヴェンの交響曲第9番に強い影響を受ける。

1868年には、ゼヒターの後任としてウィーン国立音楽院の教授に就任。この時以来、彼は大部分のエネルギーを交響曲を書くことに集中させた。初期の作品にはヘ短調交響曲(1863年)、交響曲第0番(1869年)、交響曲第1番ハ短調(1866年)、交響曲第2番ハ短調(1872年)がある。

そのなかブルックナーは1873年にリヒャルト・ワーグナーと会見する機会を得た。この際に交響曲第3番ニ短調を献呈しワーグナーの好意を得る。しかしこの行動は反ワーグナー派の批評家エドゥアルト・ハンスリックから敵対視され、執拗な批判を浴びせられ続けることになる。この時期には交響曲第4番変ホ長調(1874年)、交響曲第5番変ロ長調(1876年)を作曲する。

その後1875年からウィーン大学で音楽理論の講義を始めている。1876年に第1回バイロイト音楽祭に出席、ニーベルングの指環の初演を聴く。このときに今までの自らの作品を大幅に改訂することを決意し、いわゆる第1次改訂の波が起こる。このときに交響曲第1~5番全てが大幅な改訂を受ける。しかし1877年の交響曲第3番の初演は大失敗し、ブルックナーは激しく落胆する。またその頃、若きマーラーがウィーン大学でブルックナーの聴講に訪れている。

1880年頃になるとウィーンでのブルックナーの地位も安定してくる。多くの教授職、さまざまな協会の名誉会員の仕事により年間2000グルデン(当時の平均的な4人家族の収入が700グルデン)の収入を得るようになる。この頃の代表作は交響曲第6番イ長調(1881年)、交響曲第7番ホ長調(1883年)、テ・デウム(1881年)、弦楽五重奏曲ヘ長調(1879年)がある。なかでも交響曲第7番とテ・デウムはブルックナーに莫大な成功と名声を与え一気にブルックナーの名を知らしめるた。

1884年からは交響曲第8番ハ短調の作曲に従事する。1887年に一旦完成し、「芸術上の父」と尊敬していた指揮者ヘルマン・レーヴィに見せるが、彼からは否定的な返事が返ってくる。弟子達もこの作品を理解できず、彼は激しく落胆し再び自らの作品を改訂する。いわゆる第2次改訂の波である。これにより交響曲第1~4、8番が改訂される。1892年の第8番の初演は大成功する。

晩年のブルックナーは多くの尊敬を得ていたが、死の病に冒されていた。この時期には交響曲第9番ニ短調(未完成)やヘルゴラント(1893年)、詩篇150篇(1892年)が作曲されている。ブルックナーは1896年10月11日、ウィーンで72年の生涯を閉じた。生涯を通じて非常に信心深いローマ・カトリック教徒であった。晩年に至るまで多くの若い女性に求婚したが、結婚することはなかった。

1950年に発行された1000オーストリア・シリング紙幣と1962年に発行された25オーストリア・シリング硬貨に肖像が使用されていた。

作品ID: W270
作品W270のロゴ

ブルックナー全集 
    Anton Bruckner (1824-1896)

◇公開日: 2014年01月09日
◇ジャンル: 作曲家B、07-ロマン派、12-リコーダー(合奏)、14-歌(合唱)、21-キリスト教音楽、32-合唱曲、33-合唱+オケ曲、35-オルガン曲
◇関連ブログ: 4つのモテット "Tantum ergo" (2014年01月09日 作成) コメント

M041 トップ

4つのモテット「このように大いなる奇跡を前にして」 (1846)
  Vier Tantum ergo für 4 Singstimmen WAB41

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 18分46秒 ◇公開日: 2014年01月09日 (J)
◇関連ブログ: 4つのモテット "Tantum ergo" (2014年01月09日 作成) コメント

1. 変ホ長調 [Recorder Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分11秒 ◇再生回数: 241回 (J)

2. ハ長調 [Recorder Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分58秒 ◇再生回数: 232回 (J)

3. 変ロ長調 [Recorder Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分47秒 ◇再生回数: 220回 (J)

4. 変イ長調 [Recorder Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分27秒 ◇再生回数: 224回 (J)

1. 変ホ長調 [Male Voice Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分11秒 ◇再生回数: 236回 (J)

2. ハ長調 [Male Voice Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 1分58秒 ◇再生回数: 240回 (J)

3. 変ロ長調 [Male Voice Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分47秒 ◇再生回数: 238回 (J)

4. 変イ長調 [Male Voice Ensemble]

◇再生: high / normal / low ◇演奏時間: 2分27秒 ◇再生回数: 249回 (J)

■当サイトのホームへの移動は、ページ先頭のリンクをご利用ください。
■Adobe Flash, Windows Media(R) Player,QuickTime Player, iPod/iPhone/iPod touchのSafari, Androidに対応しています。 各プレヤーの詳細は当サイトホームページ末尾をご覧ください。
■再生ボタンのnormal/low/highはビットレートを表しています。 通常はnormalを,回線が遅い場合はlowを, 回線に余裕がありさらに高品質をご希望の場合はhighをお選びください。